商品一覧

ファーストFlat

金利上昇リスクがありません※最長35年の全期間固定金利

「フラット35」は最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。
お借入れ時に返済終了までの金利・返済額が確定します。


金融情勢の変化に伴い返済の途中でも
定期的に金利が変動するタイプ

原則として半年に1度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わります。
このため、高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がりますが、低金利時に借りると、将来の金利の上昇と共に返済額が増えるため、借入時に将来の返済額が確定されません。

「当初3年間○%」など、一定期間に
固定金利が適用されるタイプ

固定金利期間が終了した後に適用される金利は、住宅ローン商品によってさまざまです。高金利時に借りると将来の金利の低下に合わせて返済額が下がりますが、低金利時に借りると、将来の金利の上昇とともに返済額が増えるため、ある一定期間の返済額は確定することができますが、固定金利期間終了後の返済額が確定されません。


借入時に毎回の返済額が確定しているので、計画的な返済を行うことができ、安心です!低金利時に借りると、将来にわたり低金利に基づく返済額を確定することができます。
また、フラット35は、全期間を通じて同じ金利のタイプのものの他に、返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」の固定金利型商品もあります。

※【フラット35S】には予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は受付終了させていただきます。

【こんな方にオススメです】

今の金利で毎月の返済額を確定させたい方
将来金利が上昇した場合に、月々の返済額も増加してしまうと返済が大変だとお考えの方

団体信用生命保険(団信)でさらに安心

団信は融資返済中の万一の場合に対する備えです。

ファーストFlatの団体信用生命保険は、日本の団体信用生命保険制度で初めて融資の返済中に所定の身体障害状態・要介護状態になられた場合に保障が適用されるようになりました。


ファーストFlatの団体信用生命保険は、ご加入者が死亡・所定の身体障害状態になられた場合など※1に、住宅の持ち分、返済割合などにかかわらず、以後のファーストFlatの債務の返済が不要となる生命保険です。
支払われた保険金※2が債務の返済に充当される仕組みです。
ファーストFlatの団体信用生命保険には、新機構団信と新3大疾病付機構団信の2つがあります。


※1 新3大疾病付団信機構は、死亡・所定の身体障害状態に加え、3大疾病が原因で一定の要件に該当した場合および公的介護保険制度に定める要介護2から要介護5の状態などになられた場合も残りの返済が不要となります。

※2 死亡保険金、身体障害保険金、3大疾病保険金および介護保険金をいいます。


住宅を将来売却の際、現在の低金利ローンを承継

金利引継特約付き「ファーストFlat」で、有利に売却できる可能性があります。

「ファーストFlat」を利用して建てた住宅(長期優良住宅)を将来何らかのご事情で売却される際に、購入者が希望する場合、返済中の低金利の「ファーストFlat」を承継できるので、売却時の金利状況により有利に売却できる可能性があります。



※対象住宅は「長期優良住宅」の認定を取得し、かつ適合証明書を「8,耐久性・可変性」で取得する必要があります。

※詳しくは担当営業までお問い合わせください。


住宅建築・購入時の諸費用も融資対象に

ファーストFlatでは、住宅建築・購入費用だけでなく、その際に発生する諸経費に関しても融資対象となります。ファーストFlatをお使いいただくことで、安心して住宅を建てる・購入することができるようになります。


<融資対象となる主要項目(抜粋)>

(1) 金銭消費貸借契約書に貼付した印紙代
(2) 不動産仲介手数料
(3) 「ファーストFlat」融資手数料
(4) 司法書士報酬・土地家屋調査士報酬
(5) 上記登記に係る登録免許税
(6) 火災保険・地震保険料
(7) つなぎ融資金利手数料
(8) 建築確認等に関する各種申請費用
※ 一部対象外の項目もあります。


繰上返済手数料は無料

一部繰上げ返済の場合の、繰上返済手数料〜

ご返済中に繰上返済や返済条件の変更を行う際も、手数料は一切いただきません。
※一部繰上返済の場合、繰上返済日は毎月の返済日、返済できる額は100万円からとなります。


保証人が不要で、保証料が無料

2,500万円を20年返済で借り入れる場合の、保証料〜

保証人が不要で、通常の住宅ローンで必要となる保証料が必要ありません。
※融資手数料、抵当権の設定費用(登録免許税・司法書士報酬等)、火災保険料等はお客様のご負担となります。


物件検査を受けるので、より安心

ミサワホーム / トヨタホームの建物は、定められた技術基準をクリアします。

ファーストFlatは、住宅金融支援機構が定めた技術基準に基づく物件検査による適合証明書を取得しますので、安心・安全の「証」となります。


※物件検査手数料は、お客様の負担となります。物件検査手数料は、検査機関により異なります。





住まいの購入には、土地買取費や建物工事費の他に登記費用や手数料など諸費用がかかります。
「ファーストFlat」は原則、諸費用を除く物件価格の100%まで融資が可能ですが「ファーストFlat」を金利の低い
融資率90%以下に抑えて、残り10%と諸費用部分を含めて「プラスローン」をご利用いただくことが可能です。



一覧に戻る

0120-353-330 メールでお問合せ

今月の金利

今月の金利

 
  • 諸費用までカバーできる「プラスローン」もご用意!

貸金業者登録番号〔東京都知事(2)第31555号〕 日本貸金業協会会員 第005880号 Copyright (c) 2019 HOME FIRST FINANCE ,LTD. All Rights Reserved.